「スクリーニング学研究会」ロゴデザイン

スクリーニング学研究会」のロゴマークをデザインさせていただいた。

cbs_intro

「スクリーニング学研究会」は、

HTS(ハイスループットスクリーニング)等の「スクリーニング」を単なる一技術としてではなく、ひとつの研究分野として捉え、「スクリーニングとその周辺」についてオープンなディスカッションの場を提供することで、この分野の発展に寄与することを目的にしています。

とのこと。
この趣旨を形にするため、「スクリーニング」について少々勉強した。

薬ができるまでには、膨大な回数の実験が必要なのだなあ。
というのが正直な感想。

ピペットや分注器の先からアッセイプレートに落ちる液滴が、
最も象徴的な図像に思えたので、このデザインにした。

言葉にすると野暮だけれど、ピペットの液滴の形は「!」を意識した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*